Live
DJ
TimeTable

セルリアンタワー東急ホテルの2Fにあるライブハウス、JZ Brat(ジェイジーブラット)で行われるクラブとジャズの融合型フェス。

サックスの形をしたビアサーバーが特徴的で、おしゃれなジャズクラブであるJZ Brat。
普段はジャズライブを中心に、着席スタイルでライブが行われているこのJZ Bratで、大晦日は毎年恒例、スタンディングスタイルでのカウントダウンイベントが行われます。
17時のオープンから年をまたぎ深夜まで、2016年の幕開けを祝い、ノンストップで行われるスペシャルイベントです。

Photo
Google Map

音の密林、渋谷に現る。迷い込んだら、ジャズの虜 毎回至高のDJとバンドが集うスペシャルイベント”JAZZ JUNGLE”。
12回目の今回も毎年恒例となった大晦日、渋谷、カウントダウン!
今をときめくバンドによるパフォーマンスとDJ陣による
魅惑の音のジャングルで2017年の幕開けを祝いましょう!
Produced by Truestar Entertainment

ご予約・お問合せ
JZ Brat SOUND OF TOKYO

  • ※スタンディング/自由席、ドリンク別
  • ※「年越し振る舞い酒」がございます。
  • ※このイベントは深夜イベントとなりますので、20歳未満の方のご入場をお断りしています。
    なお、都条例により、ご入場の際にIDチェックを実施しておりますので、写真付きの公的身分証明書をご持参下さい。

《Live》 中塚武 / ADAM at / P.O.P / 二人目のジャイナ / MACARONICa

《DJ》 須永辰緒 / 伊藤陽一郎 a.k.a AKAKAGE / 谷口慶介(Playwright) / AWANE

場所:JZ Brat
時間:Open / Start 18:30 Close 2:00
料金:予約 & with Flyer ¥3,800
当日 ¥4,300
出入り自由チケット付 ¥5,300
(当日購入は会場で+¥2,000で販売致します)

《ご予約・問合せ》 ●JZ Brat
http://www.jzbrat.com
03-5728-0168(平日15:00〜21:00)

中塚 武

シンガーソングライター。1998年、自ら主宰するバンドQYPTHONE(キップソーン)としてドイツのコンピレーションアルバム『SUSHI4004』で海外デビュー。ジャズやラテンをベースに様々な要素がクロスオーヴァーした独自のサウンドが話題となり、ソロ活動以外にも、CM・テレビ番組・映画音楽の制作・アーティストへの楽曲提供と幅広く活動。今までに5枚のオリジナル・フルアルバムをリリース。2013年にソロ活動10周年を迎え、その第1弾として、作詞・作曲・編曲・歌唱・ピアノ演奏をすべて一人で行ったフルアルバム『Lyrics』、第2弾に新世代のビッグバンド“イガバンBB”とのコラボレーション・カヴァーアルバム『Big Band Back Beat』をリリース。
また、全国各地でのライブや野外フェスにも多数出演し、一昨年は、土岐麻子、野宮真貴、BIKKE(Tokyo No.1 Soul Set)、ロケットマン、星屑スキャット等、縁のあるアーティストも多数参加した10周年記念イベントを行い、大成功を収めた。
2014年4月には、10周年の締めくくりとして、自身初のベストアルバム「Swinger Song Writer」を、リリース。収録曲の中で唯一の新曲「〇の∞」は、NHK「サイエンスZERO」のテーマ曲となっており、iTunes Store JAZZチャート1位を獲得した。
また、2014年11月には、Disneyオフィシャルアルバム「Disney piano jazz HAPPINESS Deluxe Edition」を、リリース。
「Let It Go」を含む、21曲の独自のアレンジとピアノ演奏が評判となる。
2016年3月には、通算7作目のオリジナルアルバム「EYE」をリリース。
リードトラック「JAPANESE BOY」のMVが、vimeo Staff Picksに選出され、全世界で話題となった。

オフィシャルウェブサイト
Twitter
Facebook

CLOSE
ADAM at

キーボーディスト“タマスケアット”を中心に2011年浜松のライヴハウスでセッション・バンドとして活動を開始する。ボサノヴァ、ジャズ、テクノ、スカなどの要素を取り込み、ひたすら踊れるバンドとして話題となり、全国のライヴハウスからのオファーが殺到。
会場限定で販売した3曲入りシングルは瞬く間に完売。2014年1月に発売した1stミニ・アルバム『Silent Hill』をインディーズで発売しロングセラーとなる。
2015年1月には、ビクターエンタテインメントより、1stフルアルバム『CLOCK TOWER』を発売しiTunesではトップ・ジャズ・アルバムになり、タワーレコードのジャズ・チャート一位となった。2015年2016年と2年連続でNHKプロ野球放送(総合テレビ・BS1ラジオ第1)のテーマ曲を担当。テーマ曲「六三四」の配信シングルはiTunesトップ・ジャズ・シングルとなる。9月には東京JAZZフェスティバル2015に出演し、フリーライヴ会場での即売CDは売り切れとなる。また、MINAMI WHEEL 2015他、数々のサーキットイベントで入場者多数のために入場制限がかかるほどの話題となる。

CLOSE
P.O.P

双子MCの上鈴木兄弟とギタリストで作曲家の”スーパースター”さいとうりょうじを中心としたHIP HOPバンド。上鈴木兄弟は映画『SR サイタマノラッパー』シリーズ全編においてラップ監修・指導を担当。また、NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」「シャキーン!」(インキー&ヨウキー)への出演や企業CMなど多数の楽曲制作・ラップ監修を務め、幅広い年代にラップを届けている。キーワードは「たのしいことばかりありますように」。ライブで観客にビールを配りまくるスタイルが話題。
1stアルバム「たのしいことあかりありますように」
2ndアルバム「おかあさんにきいてみないとわからない」発売中。

オフィシャルサイト

CLOSE
二人目のジャイナ

「どんなバンド?」
二人目のジャイナにとって、これほど難しい質問はない。 男オンリー大所帯バンド。ホーン3管にパーカッションまで有したゴージャスなアンサンブルには、 ソウル・ファンク・ジャズ・アシッド・AOR、そしてサンバにアフロビート等の表情を垣間見る事が出来る。 多面的なアンサンブルに乗せられる歌は、時に紳士的に、時に露骨に、聴く者・観る者の衝動を誘う。 押し寄せるのは、圧倒的なライブ感・生々しさだ。
二人目のジャイナは、いわゆる歌モノバンドを愛するフリークが待望した
「J-POPエンターテインメントバンド」なのである。
2011年結成、初めてのワンマンながらSOLD OUTを達成。 2012年のツアーから活動が本格化。 ノープロモーションながら、各会場でCDが売り切れとなり全国レコードショップからのバックオーダーは止まる事を知らない。 2014年には東京・名古屋・大阪でワンマンを行い、渋谷クラブクアトロでのワンマンではSOLD OUTを達成。 2015年は新たな場所へ音楽を届けるべく年間80本以上のライブを敢行、
全国へジャイナサウンドを響かせる。それに伴って名古屋・大阪での動員が急激に増加。
また、「他をリスケしても良いくらいの楽しい夜を」といった意味の自主企画のイベント 『ホカリスケナイト』も立ち上げ、本拠地東京公演はSOLD OUT 大阪BIGCATでの開催も大きな成功を収めるまでに成長し好評を博している。
今年7月に約2年ぶりとなる待望の4枚目のアルバム『FLEXIBLE POPS』をリリース、 本作も各方面より多くの反響をいただき、完成度の高いアンサンブルとパフォーマンスで周りを巻き込みながら、全国ツアー、各地イベント出演を展開。 各会場を大いに盛り上げ、更に幅広いファン層を獲得し次のステージへと歩を進めている。

オフィシャルサイト

CLOSE
MACARONICa

都内を中心に活動するアグレッシブピアノトリオ。
浅香里恵(key)
アリガヨウスケ(bs)
岡山晃久(ds)
の3人により2012年結成。
2014年初のmini albumを発表。リリースライブ「MACARONICa TRICk!!」をsold outに収め注目を集める。その後もダンスチームとのコラボレーションやDJイベント、jazzフェス等で活動を展開。
classic,Jazz,rockと異なる基盤をそれぞれ持ち寄り変則的に展開する勢いのあるグルーヴィな楽曲とエネルギーに溢れたプレイが持ち味。

オフィシャルサイト

CLOSE
須永辰緒

Sunaga t experience =須永辰緒によるソロ・ユニット含むDJ/プロデューサー。 DJプレイでは国内47都道府県を全て踏破。また北欧=日本の音楽交流に尽力、世界各国での海外公演多数。
MIX CDシリーズ『World Standard』は12作を数え、ライフ・ワークとも言うべきジャズ・コンピレーションアルバム 『須永辰緒の夜ジャズ』は20作以上を継続中。国内や海外レーベルのコンパイルCDも多数制作。国内外の多数のリミックスワークに加え自身のソロ・ユニッ ト”Sunaga t experience”としてアルバムは5作を発表。アナログ啓発活動としてヴァイナルのみのリリース•シングルなども続く。最新作は 『VEE JAYの夜ジャズ』(ビクター)『Sunaga t experience DIGS CHIEKO KINBARA~Jazz Remixies~』(CAPOTE)『BETHLEHEMの夜ジャズ』(ULTRA VIVE)『クレイジーケンバンドのィ夜ジャズ』(UNIVERSAL SIGMA)『Sunaga t experiencec/STE』(BLUE NOTE)等。多種コンピレーションの 監修やプロデュース・ワークス、海外リミックス作品含め関連する作品は延べ200作を超えた。加えて企業ブランディングや商品開発、音楽や料理などの著作 も多数手がける。

オフィシャルサイト

CLOSE
伊藤陽一郎
a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロ デューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世や Goldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、 ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、最近では和モノの世界にも存在をアピールした独自の選曲感でジャンルやフィー ルドを越えたAll Mixのプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。一昨年発売されたNew Album「Peace Maker」も好評を博した。毎週土曜日bayFMカウントダウンレディオ内にてDJ-Mix「AKAKAGE MIX 5minute FIX」(13:30頃 )も好評オンエア中である。

オフィシャルサイト

CLOSE
谷口慶介
Playwright / Think! Records

Playwright / Think! Recordsディレクター
1996年より渋谷CLUB BALLにてDJ活動をスタートし、出会ったバンド「playa(プレイヤ)」の音源リリースをきっかけに、 2002年ディスクユニオン内の制作レーベル「DIW THE GARDEN」活動開始。
2005年ディスクユニオンのスタッフが集いそれぞれの頭文字を取って命名した"Think! Records"始動、世界中の音源を新旧ジャンル問わず復刻することをメインに現在も活動中。
2012年10月よりスタートした新レーベル"Playwright"はfox capture plan / bohemianvoodoo等の大ヒットを生み出し、活動3年にしてセールス10万枚を超えるシーンの最重要レーベルへと成長した。

Playwright
Think! Records

CLOSE
AWANE

自ら主宰するレーベル「sonimage-Lab,inc」よ り、dj korosuke名義にてミックステープ「sweet azul suite -synthetic grooves」(2002)、ミックスCD「sweet azul suite -affordance-」(2003)、「sweet azul suite -suite no.5 -a leakout edition」(2009)、コンピレーション「sweet azul suite – styles of mellow sounds-」(KSR 2005)、近年の和ジャズブームの先鞭を付けStones ThrowのEgonら海外コレクターも絶賛したジャパニーズレアグルーヴミックス「japonisme&mode vol.1」(2005)、「japonisme&mode vol.2」(2008)をリリース。また和太鼓ブレイクビーツバンド、ngomaのメンバー/プロデューサーとして、同 レーベルより3枚のアナログ12inch(「Red Stripe EP(2006)」、「Heretical Flower EP(2007)」、「Over The Over EP(2007)」)とフルCDアルバム「in between wanderland」(2008)をリリース。イギリスBBCラジオの人気プログラム「Worldwide」にてDJ Giles Petersonにプレイされたのをはじめ、松浦俊夫など国内トップDJのプレイリストにも挙がる。 さらにレーベルプロデューサーとして、アニメ「サムライチャンプルー」のエンディングテーマとなった「san francisco」で知られるHip Hopユニット、midicronicaのファーストアルバム「#501」(2005)や、元super stupidのギタリスト、大高ジャッキーによるエレクトロニカプロジェクトchietronixのフルアルバム「sTretch gLitch」(2007)など20タイトル近いリリースを手掛ける。加えて、2009年東京ファッションウィークに参加した「edwina hoerl」のファッションショウ、2010年香港で行われた「Tokyo Fashion Festa」(「HbG」、「Coen」、「Verseau」、「インパクティスケリー」、「Jun Okamoto」)の音楽ディレクターをはじめ、株式会社シマンテックのウイルス防止ソフト「Norton」のキャンペーンなど、ファッションショーから企業イベント、ウェブサイトなどの音楽も手掛ける。また、渋谷にあったNUJABES主宰のレコードショップGuinness Recordsにてメインバイヤーとして長年シーンに関わってきた経験によって培われたレアグルーヴから最新クラブミュージックまでを網羅した幅広い知識を武器に「DJ Kicks」シリーズ(K7!)や、リイシューされたBlack Jazz全タイトルなどCDライナーノーツ、ディスクレビューなどの執筆/英文ライナーの翻訳をはじめ、「SOUND&RECORDING MAGAZINE」への寄稿などの評論活動も行っている。 2013年春には、井上薫主宰のレーベル「SEEDS AND GROUND」より、ダンスミュージックに特化したAWANE名義での12inch「SOLARIS / ATOM」をリリース。「ATOM」はフランスを代表するDJ、Laurent Garnier(ロラン・ガルニエ)が自らのラジオショウ「It Is What It Is」でプレイするなど話題を呼んだ。   DJとしては、表参道Two Rooms系列の六本木R2、TUSKのレジデントDJとして2011年からほぼ毎週5時間に渡るDJギグを敢行している他青山ZERO、渋谷club bar Familyなど都内を中心に月10本以上のギグをこなす。さらに2013年よりマンスリーミックスCDシリーズ「point of view」をリリース。アンビエント、Hip Hop、Nu Disco、Tech House、R&B、Nu Soulなどそれぞれジャンル毎にテーマを決めて発表しており15年3月現在17作を数える。

CLOSE