Live
  • orange pekoe
  • モダーン今夜
  • Immigrant's Bossa Band
  • TRI4TH
  • Re-Trick
  • ヤセイ・コレクティブ&Za FeeDo
DJ
  • 須永辰緒
  • 伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE
  • DJ Niche
  • 櫻井喜次郎
  • 谷口慶介
  • 木村勝好
  • DJ Shinsuke
  • Masaru Seya
TimeTable
orange pekoe
orange pekoe

関西学院大学の軽音楽部にて意気投合し、ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成され、関西で活動を開始。
自宅録音を駆使し作品を制作する傍ら、関西のクラブやカフェを中心にライブを展開。DJ、クリエイターを中心に大きな支持を受ける。
ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど、様々な音楽を確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、デビューと共に各方面から高い評価を得る。また作品ごとにアートやファッションとのコラボレーションを展開するなど、そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。
現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリースし、アジアや、ニューヨークでの公演など海外にも活動の幅を広げてきた。
ライブにおいては、真にアコースティックで二人の息づかいが聞こえるデュオ編成、またグルーヴィーで迫力溢れるバンド編成、どちらの編成も観客を惹き付けてやまないライブバンドとしての一面も支持されており、歌とギターのみによるデュオ・スタイルでのツアー「orange pekoe acoustic duo tour」、また「orange pekoe with the Big Band party night!!!」と 題して総勢18人からなるビッグバンド・オーケストラでのライブも東京、大阪で成功裏に終える。今年はレギュラーバンドにバイオリンや中近東のパーカッションなどを迎えた新たなバンド編成でのライブを展開。
ソロとしての活動も始動したナガシマトモコ、昨年リリースされたギタリストとしてのソロアルバム「SUN DANCE」でも各方面から高い評価を得ている藤本一馬、今年はまた新たなサウンドを打ち出すべくorange pekoeとしてもニューアルバムの制作に入っている。

http://www.orange-pekoe.com/

モダーン今夜
モダーン今夜

カラフルなサウンド、耳を捕らえて離さない言葉、極上なポップスを奏でる楽団“モダーン今夜”。
03年、1stアルバム『赤い夜の足音」をリリース。04年に発表した2ndアルバムから「名犬ジョディー」がスマッシュヒット。2008年にはバンドの新境地ともいえる4thアルバム「天気の存在する理由」をリリース。2010年には、NYのレーベル、PutumayoのコンピレーションCDがspring 2010 Parents' Choice Gold Award を受賞。収録曲「おやつのじかん」はNYやヨーロッパのラジオでもオンエアされ、好評を博す。
デビュー以来、管楽器をフィーチャーした幅広いサウンドと独特な詩世界が支持され、UNITED ARROWSのCMソング、TVオープニングソングに起用。 渋谷HMVインディーズチャート8週連続1位になる等数多くのファンを獲得している。

http://www.modern-conya.com/

Immigrant's Bossa Band
Immigrant's Bossa Band

■ Immigrant's = 移民の  ■ Bossa = 傾向、感覚  ■ Band = バンド

"Mellow & Funky! Cool but Hot! Jazzy Brazilian Sound"。そして"伝わる"ライブをキーワードに結成された和製ブラジリアン・ジャズ・バンド。 "Billboard Fukuoka"、夏フェス"夏開き"・"夏結び"、小林 径氏がDJを務める"Routine Jazz"や、須永 辰緒氏がプロデュースするイベント"夜ジャズ" 連続出演、"World Standard West"、"World Standard in Shizuoka"、"東京 JAZZ 2006 Pre LIVE"、福岡"Keep Jazz By"など、クラブ・ライブハウスを主体に精力的にライブ活動を行い、様々なコンピレーションCD(Tokyo Bossa Nova、和ペリティーボ、Tokyo Luxury Lounge Bar Time、etc...) 等へ多数楽曲を提供。 2006年11月 J-WAVE のインターネットラジオ"Brandnew J"でヘビーローテーション、リアルタイムランキングで1位を獲得。 2007年3月23日、新作「IMMIGRANT'S E.P.」をアナログオンリーでリリースし、Dance Music Records の4月3日付けトータルセールスチャートで1位を獲得。 2009年7月、イギリスの総合誌"Monocle"のウェブチャンネル"Monocle Summer series"にて、スタジオライヴを全世界に配信。 前ヴォーカル&ギターのRayが2009年いっぱいで脱退し、2010年新たにShoco(vo)とIsao(g)が加入。 同年4月には海外香港でのライブを行うなど様々な層のオーディエンスからの支 持を受け、急速に成長を続ける現在最も注目されるバンドの一つである。 2011年7月6日にニュー・アルバム"NOVA"をリリース。

http://www.i-bossaband.com/

TRI4TH
TRI4TH

2006年より活動を開始。
迫力あるライブパフォーマンスは、造り込まれた楽曲と確かなテクニックに裏打ちされている。 2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル"DISC MINOR"からアナログシングル「TRI4TH plus EP」でデビュー。
以降「Club Jazz Digs Lupin The 3rd 」「NOT JAZZ!! BUT PE'Z!!! 」他、多数のコンピレーション・トリビュートアルバムに参加。Remixも多く手がける。
2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開する。
2010年8月、プロデューサーに須永辰緒、ゲストにJukka Eskola、Max Ionataを迎え、ファーストアルバム「TRI4TH」リリース。
2011年7月、i-tunesよりOCTET Sunaga t『キエフの空 feat.Jukka Eskola-TRI4TH』 をリリース。i-tunesジャズチャートの一位を獲得。
2011年11月には初のカバーアルバム「わらべJAZZ」をリリース。
2012年8月にはセカンドアルバム「TRI4TH AHEAD」をリリースする。

member
trumpet 織田祐亮
saxphone 藤田淳之介
piano 竹内大輔
bass 関谷友貴
drums 伊藤隆郎


http://www.tri4th.com/

Re-Trick
Re-Trick

菅原 敏(p,key) 渡辺雅之(ds) 井上 亮(b) 2005年結成、関東在住の3人。”Aggressive Jazz Trio”。東京のストリートライブと都内ライブハウスを中心に活動し、自主制作のCDがストリート・ライブ会場だけで3000枚を超すセールスを記録。 一回2曲のストリートライブでアルバムを50枚以上売るパフォーマンスは次第にミュージックラバー達の間で話題となる。レコ発ライブにする目的で急きょ制作した1stアルバム「Colors of Agenda」が流通に乗り2008年タワーレコードジャズ部門日本人2位、ジャズ総合5位のセールスを記録し”恐るべき才能を持った新人”と評価を受け一躍JAZZ界の寵児となり、以後全国11か所ツアーをはじめ都内の大型ライブハウスへの出演や有名ミュージシャンとの共演が急増。 クラブ、ラテン、ジャズ等の音楽を閃(ひらめ)きと、どん欲さで取り入れ、彼らのAggressiveなアコースティックサウンドは常に進化を続ける。
2009年10月7日に1stから約1年アルバム「EVIDENCE」をリリース。 発売後早くもタワレコJAZZウィークリーチャート2位となる。
012年10月Sony Music Distribution(Japan)Inc.よりアルバム「re:retrick」をリリース。

http://www.re-trick.com/

ヤセイ・コレクティブ&Za FeeDo

一夜限りのスペシャルバンドが実現!!

ヤセイ・コレクティブ&Za FeeDo

ヤセイ・コレクティブ
2009年に米国より帰国した松下マサナオを中心に、エレクトロ、ジャズ、ロック、ヒップホップなどが融合されたNY音楽シーンのサウンドを国内で体現するべく結成。
自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心に全国各地でのライブを精力的におこなう。
2011年7月には 1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリースし、渋谷 CLUB QUATTRO にてレコ発ライブを開催。
一筋縄では行かない楽曲や、秀逸な演奏が、Ralph Humphrey、Jason Lindner、大谷能生、浜野謙太ら、国内外 のアーティストから賞賛される。
2012年6月には、バンド初となるLive 盤『Really Real Live vol,1』をリリース。今後1年以内に『vol,4』までのリリースを予定している。
同年7月には、FUJI ROCK FESTIVAL'12 「ROOKIE A GO-GO」に出演。突き抜けたポップネスと常に進化するストイックなライブで絶大な支持を集めている。
自主企画のイベントにおいては、現在まで、柳下 "DAYO" 武史( SPECIAL OTHERS)、 山本ムーグ(Buffalo Daughter)、 在日ファンク・ホーンズ、仰木亮彦(在日ファンク)、田中”Tak”拓也、大渕愛子(Modern Irish Project)、井上文貴(東京ローカル・ホンク)、Sardine Head (アーティスト名順不同)他、多くのミュージシャンを招いた演奏が、いずれも好評を博している。

メンバー
松下マサナオ( Ds ) 中西道彦( Ba,Synth ) 斎藤拓郎( Gt,Voc,Synth ) 別所和洋( Keys,Synth )
http://yaseicollective.sakura.ne.jp/

ヤセイ・コレクティブ&Za FeeDo

Za FeeDo
沖メイ(vo,effects)を中心に2009年に結成され、他に類をみない歌バンドとして注目を集めた「メイとトリオ」。
2012年に1stアルバム「Ubu,s Chirp」を発表。
レコ発ツアーが各地で好評を博すも山口豊(gt)の脱退により同年7月、突然のバンド解散。
解散のショック冷めやらぬ中、新メンバーとして、田中“TAK”拓也(gt)の参加発表。
新バンド「Za FeeDo」として活動再開を宣言した。
独自の世界観を持つボーカリスト×極悪リズムセクション。「Za FeeDo」に注目あれ!

メンバー
沖メイ (Vo,Effects) 田中“TAK”拓也 (Gt) 中西道彦 (Ba) 松下マサナオ (Ds,Perc)
http://za-feedo.com/

須永辰緒(sunaga t experience)
須永辰緒 (sunaga t experience)

Sunaga t experience =須永辰緒によるソロ・ユニット含むDJ/プロデューサー。DJとして東京、大阪でレギュラー・パーティーを主宰 。欧州からアジアまで海外公演も多い。音楽ガイドブック含む著書『「須永辰緒”そのレコード、オレが買う”(リットー・ミュージック刊)』等数冊上梓。ジャズ専門誌はじめ 連載執筆 も手がける。
MIX CDシリーズ『World Standard』は8作を数え、ライフ・ワークとも言うべきジャズ・コンピレーションアルバム 『須永辰緒の夜ジャズ』は9枚(最新作はSMEから6月にリリースされた。)『夜ジャズ:復刻アナログ 1&2』にも着手する。今秋より「夜ジャズ:ヴィーナス編」5タイトルを連続リリース予定。“SCHEMA”などの海外レーベルのコンパイルCDや北欧アーティストの日本におけるリリース/招聘なども頻繁に行い交流も厚い。自身のソロ・ユニット"Sunaga t experience"としてはアルバム4作を発表。最新作は「Jazz et Jazz」(ジェネオン・ユニバーサル)。「モーダル・ジャズ・ラヴズ・ディズニー」(avex)「WORLD STANDARD WADA AKIKO」(UNION) 『World Standard 08』(flower)『クラブ・ジャズ・ディグズ・ルパン三世』(VICTOR)等、多種コンピレーションの 監修やプロデュース・ワークス、海外リミックス作品は延べ200作を超えた。日本で最も忙しいDJ "レコード番長"の動向を各業界が注目している。

http://www.sunaga-t.com

伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE
伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE

DJ、プロデューサー。"AKAKAGE, Natural Essence ..."といったいくつもの名義で、自らのアルバムをコンスタントに発表し続けている。プロデューサーとしては、 ワールドミュージックからJ-Popまでと幅広い音楽性に対応し、DJ的なスキルとスタイリッシュな感覚でオリジナルな世界を表現。過去にはルパン三世やGoldfinger99(郷ひろみ)などの膨大なリミックス作品、様々なアーティストへのプロデュースやアレンジも精力的に手掛ける。DJとしては、ジャズやラテン音楽をベースに持ちつつも、ロックやパンクの感覚を併せ持ち、独自の選曲感でジャンルやフィールドを壊したプレイを得意とする。又、海外も含む都内外のCLUB、DiorなどのBrand Party等でのDJ、個人名義でのMix-CDも多数リリースしている。現在、新ユニットとしてのアルバムも制作中で、FMラジオの番組でのMix-Showの準備中でもある。

http://akakage.syncl.jp/

DJ Niche
DJ Niche (DJ ニッチ)

DJ/Producer。’99年~’03年までJAZZパーティー「on a clear day」をオーガナイズ。’04年「モダンジャズ入門」@オルガンバーを須永辰緒、敷島と共に立ち上げ、夜ジャズムーブメントの基礎を築く。現在は、「夜 ジャズ」「moderno」「SPUNKY!」松浦俊夫プロデュースの「impro」に参加。2012年からは「いい音楽のパトロンになろう」をテーマ に”Patron”名義での活動をスタート。

プロデュースワークでは、青木カレン「KAREN」「SHINING」のサウンドプロデュースに参加。REMIX作Smooth Operator(DJ Niche&DJ Shinsuke REMIX)を発表し、「JAZZ&FLOWERS」「Karen-EP」といったCDに収録された。その他青木カレン「THE BEAUTIFUL DAY」にてEnglishman in New York(Niche&Shinsuke Remix)を発表。
2010年9月発売のRambling Records/iTunes配信作品「大人の休日~Classic Covers」のプロデュースを担当。ジャズアルバムチャートで最高1位、総合チャートで最高5位を記録した。 2011年5月にはLADY GAGAのジャズカバーアルバム「JAZZY GAGA」を三浦信と共に共同プロデュース。iTunesジャズアルバムチャートで最高3位を記録。
2012年8月1日、コンピレーション「JAZZ UP」(Rambling Records)リリース。
その他、α-STATION(FM京都)のクラブミュージック番組「CLUB α」(火曜24時~25時)にてDJを担当。

http://djniche.tumblr.com/

櫻井 喜次郎(Milford Sound)
櫻井 喜次郎 (Milford Sound)

DJ/プロデューサー。関西を中心に日本各地でレギュラーパーティーを主宰。
現在はDJの師であり人生の師でもある須永辰緒氏のもと『World Standard』、ライブとDJ、そして若手作家、Foodと複合的要素が含まれる『Bossanova underground』、アサヤケ番長として日本全国で活躍しているイベント『ASAYAKE BREAKS』等で活躍中。
MIX TAPE『Bossanova underground No.3』やV.A.『TOKYOBOSSA NOVA(Primavera)』、『plants』にユニット「capullo(カプージョ)」として参加。
2007年に自身のユニット「Milford Sound(ミルフォードサウンド)」を結成。
2008年7月に「Milford Sound」の命名者、須永辰緒氏の新レーベル<DISC MINOR>より『Love song EP』をリリース。また、同月にroundish music storeのMix CDレーベルライン<dish up>より
Mix CD『After Jazz Session Vol.1』をリリース。
JAZZ、BRAZIL、SOULを中心とした男気溢れる選曲と自由自在に曲をミックスするセンスで常にフロアを盛り上げている。

http://www.afterjazz.com/

谷口慶介(Playwright / Think! Records)
谷口慶介 (Playwright / Think! Records)

Playwright / Think! Recordsディレクター、DJ。1996年より渋谷BALLにてDJ活動をスタート。
1998年、渋谷ROCK WESTでSOIL & “PIMP” SESSIONSの「社長」こと久島氏らと共に初のオーガナイズパーティ「the Garden」をたちあげる。
今となり業界を爆進中のソイルだが、その前身とも言えるバンド「SOIL PIPE」をレジデントに掲げ「質の良い音楽の流れる庭」をキーワードにパーティを彩ってゆく。
そして、そこで出会ったバンド「playa」の音源リリースをきっかけに、 2002年レーベル「DIW THE GARDEN」を設立。「the Garden」の進化形態として、新人アーティスト/復刻問わず良質な音楽をリリースし続けている。
現在は復刻をメインに扱う"Think! Records"と、2012年10月よりスタートする新レーベル"Playwright"で現在進行形のアーティストリリースに関わっている。
レギュラーDJは偶数月第2土曜日"ReGd" @渋谷BALL。最新リリースは、10月10日発売"fox capture plan / Flexible"。

http://www.playwright.jp

木村勝好
木村勝好

青山【LOOP】、渋谷【FAMILY】といった都内のクラブを中心に活動。共演アーティストはKarizma、TRUS'ME (prime numbers/UK)、KEN ISHII、COLE MEDINA (House Arrest)、Greg Wilson、JAMES MURPHY (LCD Sound System/ DFA)など多数。国内外の名だたるアーティストとの共演を経て吸収した幅広い感性で、ハウス、ジャズ、ラテン音楽、ソウル、果てはポップミュージックにまで食指を伸ばす。その多彩なジャンルを独自の解釈でひとつの流れへとまとめ上げる構成力と意外性からは、あらゆる文化が入り乱れる「東京」という都市を体現しているかのような「自由」を感じることができる。

http://facebook.com/masayoshi.kimura

DJ Shinsuke プロデューサー、リミキサー、DJ 。
DJ Shinsuke (プロデューサー、リミキサー、DJ 。)

'95年よりDJとしてのキャリアをスタートさせ、当初はHiphopDJとして活動。
'00年頃より「Turntableという楽器を演奏する」事に興味を持ちSessionも始める。
'04年から'09年「JABBERLOOP」に参加するもその後脱退。以後独立してプロデュース業を主に活動。

イクヤゴウの1stアルバム「友に」(2009/09/09発売)の全面プロデュースを手掛け、現在LiveDJとしても共にステージに立つ。
2009/08のリリースパーティではフルバンドを率いLiveを成功させ、ステージプロデューサーとしての評価も高い。

個人の発表音源としては"Aoki Karen / Smooth Operator(niche ×DJShinsuke-REMIX)"や "JABBERLOOP / Ugetsu(DJShinsuke-Remix)"があり、参加プロジェクト(プロデュース・Remix等)は イクヤゴウ / Pablo / 青木カレン / Jean-Francois Maljean / 佐藤竹善/ dorlis (JABBERLOOP在籍時含む)等、多岐に渡り、一部からは若手No1プロデューサーとの評価も受けている。

ClubでのDJはファスト&ショートをモットーにアグレッシブにNu-Jazz、House、Breakbeats、HiphopをよどみなくMix。
「あくまで僕のフィルターと通った音楽はHiphopだと信じている」と話す彼のMixはまさにOldSchoolなHiphopのスタイルを彷彿させる。

http://www.myspace.com/djshinsuke

瀬谷優
瀬谷優

2001年からWEB制作に従事し、後にプログラミングを用いたイベントの映像演出や、TV・ミュージックビデオの映像制作を手がける。
渋谷を中心に定期的に行われているパーティー「SQUAT」や、 モーション・ブルー・ヨコハマで年間通して開催されている「Sound OLYMPIC」 のアートディレクションを担当。
また当ホームページの作成も手がけている。

http://does.bz/